歯科治療だけで安心しないで!自宅でのメンテナンスについて確認しましょう!

>

喫煙者も禁煙以外の方法で歯のメンテナンスをしましょう

喫煙者の歯の状態

タバコの煙に含まれている有害物質の成分には、血管の収縮や歯茎の血流をする量を減少する効果があるようです。1つには、タールという一酸化炭素やガス状の成分を除去したものが少なからず含まれています。発がん性もあるため、タールの多いもので喫煙をしている人は注意が必要です。

喫煙に伴い歯茎に充分な酸素が行き渡らなくなることで、歯周病菌をはじめ歯の病気に繋がる細菌が繁殖しやすくなります。歯茎が黄ばんだり黒ずみがある人は、何らかのう症状が出ていることが疑われます。更に進行してしまうと歯を失う原因になります。それに伴い、タバコが原因での肺がんだけでなく心筋梗塞や糖尿病のリスクを高めてしまいます。

日々の生活で喫煙をすることで心身のバランスを維持している人はいるでしょう。しかし、1日に1箱以上の喫煙を行うヘビースモーカーの人は、一度見直す切っ掛けにすると良いかもしれません。

禁煙も1つの方法だが健康な歯を保つために

喫煙者で歯の健康維持のために禁煙に取り組もうとする人はいるでしょう。しかし、思うようにいかない場合でも、可能な範囲でケアに取り組むだけでも違いが出るのが期待できます。

歯磨きをする際、研磨剤が含まれた歯磨き粉を使用すると良いです。歯の表面を研磨することにより、黄ばみや黒ずみを落とす効果が見込めます。ブラシをあてる際は力を加えすぎずに、1本ずつ丁寧に磨くようにしてください。研磨剤は歯の表面を傷つけるリスクがあるので、その点も押さえておきましょう。

ヤニ取り用のパイプを用いて喫煙をするのも、タールが口腔内に入るのを軽減させる効果が出ます。ヘビースモーカーの人も一度試してみるのも良いかもしれません。

また、歯磨きや口腔ケアをした後に喫煙をする時間を空けるだけでも、歯の健康面でプラスになるのが見込めます。禁煙しない方法を各種参考にしてください。